nextCircle


歩道橋用パワーストッパー

歩道橋用パワーストッパーについて

1基で3方向の移動を制限できる薄型の耐震装置

歩道橋用パワーストッパーは、『パワーストッパー(※1)』を薄型化した製品です。
歩道橋の落橋防止構造または変位制限構造として使用できる製品です。
薄型化を実現したことで、横断歩道橋の橋脚天端と上部工横桁下フランジの狭小スペースへの設置を可能にしました。

※1 国土交通省 NETIS HK-120002-VE

製品の特徴

施工手順

Point.1 1つの装置内に3方向の移動制限機能

従来型の構造(方向別に装置を設置)に比べ、支点周りの改修量が大幅に減少します。
・ボルト接合による設置(現場溶接なし)
・構造がシンプルになり維持管理性が向上
・ストッパー部に2方向対応の緩衝材設置
・ストッパー部のアップリフト止めにより脱落を防止します

Point.2 優れた施工性・維持管理性

ポット部(鋼桁側)とストッパー部(橋脚側)は別々に取り付けが可能です。
・ポット部は複数分割品であり、現場での施工性が向上
・ポット部は容易に取り外し・取替えが可能なため維持管理性が向上

Point.3 自由度の高い製品設計

・鋼材の溶接構造で、ラインナップ製品のほか、遊間設定・
 高さ調整が可能です(オプション)
・上部工フランジ部横構に合せたボルト配置、ポット寸法の変更
 が可能です

構造・材料

製品諸元

耐震製品のお問い合わせ

株式会社横河ブリッジ 橋梁営業本部 東京営業第二部 鉄構製品課(本社)

〒273-0026 千葉県船橋市山野町27
TEL:047-437-7999 / FAX:047-435-6154

株式会社横河ブリッジ 橋梁営業本部 大阪営業第二部 鉄構製品課(大阪)

〒541-0048 大阪市中央区瓦町4-3-7 OSJ御堂筋瓦町ビル
TEL:06-6484-5188 / FAX:06-6203-8030