nextCircle


せん断パネル型制震ストッパー

国土技術開発賞

制震ストッパーが「第10回国土技術開発賞」を受賞しました。

せん断パネル型制震ストッパーについて

橋梁の支承部に適用するせん断降伏型の履歴型ダンパー

・制震ストッパーはせん断パネルに低降伏点鋼を用いた履歴型のダンパーです。
・橋梁の固定支承部に可動支承と組み合わせて機能分離型支承として適用します。
・常時やレベル1地震時までは固定支承として、
 レベル2地震時ではせん断パネルが降伏して地震エネルギーを吸収します。
・新設橋や既設橋の耐震補強いずれにも適用可能です。

製品の特徴

Point.1 優れた耐震性能

・下部工反力、上部工移動量が低減します。
・下部工補強、基礎補強の低減が可能です。

Point.2 信頼の高品質

・実験で確認された安定した性能を有しています。
・低降伏点鋼を使用し、設計曲線とのばらつきが小さい構造です。

Point.3 維持管理が容易

・鋼桁と同様の維持管理が可能です。
・目視点検で容易に性能を確認できます。

Point.4 低コスト構造

・鋼材を溶接したシンプルな構造です。
・既設支承の取替えが不要です。

Point.5 優れた適用性

・新設橋・既設橋に適用できます。
・鋼橋、コンクリート橋に適用できます。
・常時負反力の発生時にも適用できます。

標準品

設計反力200kN~1600kNについては標準品を用意しております。
標準品の寸法表および設計曲線につきましては以下を参照下さい。

標準寸法・設計曲線 2014.04.01(Ver. 3.0) PDF

※ 標準品以外の寸法、設計曲線については別途お問い合わせ下さい。標準品以外は納期に時間が掛かる場合があります。

設計方法

設計の基本的な考え方、動的解析による耐震性能照査などについて要領をまとめております。詳細は以下を参照下さい。

設計・施工要領 2014.04.01(Ver. 3.0) PDF
設計計算例 2014.04.01(Ver. 2.0) PDF
設計計算例 付録 計算シート(Excel) Zip

特許

特許第3755886号 橋梁における固定支承部の支承構造および既設橋梁の耐震補強方法
特許第4192225号 せん断パネル型制震ストッパー

論文紹介

佐合,谷,谷中,小池,鵜野,姫野:低降伏点鋼板を用いたせん断パネル型制震ストッパーその1解析的検討について,土木学会第61回年次学術講演会,2006.9 PDF
谷中,小池,鵜野,姫野,佐合,谷:低降伏点鋼板を用いたせん断パネル型制震ストッパーその2正負交番繰り返し載荷,土木学会第61回年次学術講演会,2006.9 PDF
谷,佐合,池田,大橋:せん断パネル型制震ストッパーを反力分散構造に用いた耐震補強,土木学会第62回年次学術講演会,2007.9 PDF
小池,谷中,春日井,尾下:せん断パネル型制震ストッパーの標準化,横河ブリッジホールディングスグループ技報No.37,2008.1 PDF
小池,谷中,宇佐美,葛,尾下,佐合,鵜野:高機能補剛せん断パネル型ダンパーの開発に関する実験的研究,構造工学論文集Vol.54A,2008.3 PDF
佐合,山本:せん断パネル型制震ストッパーによる上路トラス橋への制震効果の検討,土木学会第63回年次学術講演会,2008.9 PDF

耐震製品のお問い合わせ

株式会社横河ブリッジ 橋梁営業本部 東京営業第二部 鉄構製品課(本社)

〒273-0026 千葉県船橋市山野町27
TEL:047-437-7999 / FAX:047-435-6154

株式会社横河ブリッジ 橋梁営業本部 大阪営業第二部 鉄構製品課(大阪)

〒541-0048 大阪市中央区瓦町4-3-7 OSJ御堂筋瓦町ビル
TEL:06-6484-5188 / FAX:06-6203-8030